学校法人 愛泉会 芸術工芸

「生きる力」を育む

進路・就労

進路・就労

本校では、卒業後の進路もとても重要と考えています。
進路・就労支援は1学年から始めます。担任は学校での日常生活の中で生徒本人の希望・興味・適性を見極め、保護者面談 で早い段階から話し合い、生徒一人ひとりに合った支援方法を模索していきます。

進学

生徒本人の希望・適性を十分に考慮し、必要に応じて進学希望先の上級学校とも連携をとり、希望の進路に進めるようサポートしていきます。

大学入学資格付与(予定)

就職

社会人としての第一歩を安心して踏み出すことができるよう、適切な支援を行います。
障害者手帳の有無、生徒本人の希望や適性により、支援のアプローチが変わってきます。面談を重ねながら最適な進路を探していきます。

就労継続型 A型事業

  • ※1 会社の事業主が障がい者雇用のために設立している子会社のことで、障 がい者の雇用管理を専任とする職員が必ず配置されています。従業員 をそれぞれ能力に見合った職務に配置することはもとより、社員教育方 法や仕事の指示方法を工夫するなど、障がい者雇用を前提としたさまざまな配慮がなされています。
  • ※2 事業主には障害者雇用率に相当する人数の身体障がい者・知的障がい 者を雇用することが義務づけられています(詳しくは下記の「障害者雇 用促進法の概要 事業主に対する措置」をご覧ください)。企業が障がいに対して理解をしてくれたり、障がいに合わせて仕事面や環境面、条件などを 配慮してくれる等のメリットがあります。

障がいのある人が障がいのない人と同じように、個々の能力と適性に応じた雇用の場に就き、地域で自立 した生活を送ることができるよう、以下の法律が制定されています。 障害者手帳を有する生徒は法律に基づき、様々なサポートを受けることが可能です。

障碍者雇用促進法の概要